事前届出確定給与 - 会社設立に必要な助成金・創業融資・登記のことは起業おまかせドットコム

株式会社設立に関する総額199,800円(報酬額2,900円含む)

創業融資・助成金の相談も可

会社設立サービスはこちら

事前届出確定給与

【事前確定届出給与とは】

事前確定届出給与とは、その役員の職務について、所定の時期に確定した金額を支給するという定めに基づいて支給される給与で、定期同額給与及び利益連動給与以外の給与の事を言います。

また、同族会社に該当しない法人が支給する、定期の給与を支給しない役員に対して支給する給与以外の給与については税務署長に一定の届出をしている場合のその給与に限ります。

【届出金額と異なる場合】

株主総会で役員に対して定期同額給与のほかに、事前確定届出給与を支給する旨の定めを決議し、所定の期日までに税務署長に届け出ている場合でも、実際に給与を支給する際に資金繰りの関係で届出額よりも少ない金額の給与を支払う場合又は、予想以上の業績のため届出金額よりも多くの給与を支払う場合にはどのように取り扱われるのでしょうか?

上記のケースでは支給した給与の全額が、税務上は経費としては認められないこととなります。

【未払いの場合】

事前確定届出給与を未払い計上した場合はどう取り扱われるのでしょうか?

未払い計上は原則として認められています。これは、事前確定届出給与が債務として既に確定しているのであれば他の費用と同じ取り扱いをすべきという考えによるものです。ただしこれは、資金繰りの関係で一時的に所定の日に支払えず、数日後に得意先からの入金等により支給が可能となった段階で支給をするようなケースを想定しています。

したがって、その未払い計上額が長期にわたって未払いのまま残るような場合には、税務上の経費として認められず否認されてしまう事が考えられるので、注意が必要になってきます。