在庫資産の破棄 - 会社設立に必要な助成金・創業融資・登記のことは起業おまかせドットコム

株式会社設立に関する総額199,800円(報酬額2,900円含む)

創業融資・助成金の相談も可

会社設立サービスはこちら

在庫資産の破棄

≪制度の内容≫

決算期末時点で在庫として残っている資産で、使用していないものがあれば、その資産の価額を除却損として、税務上も認められる経費にする事ができます。

代表的な例としては、物品販売業でいう売れ残った商品や、建設業でいう古い工具類がこれに該当します。

≪メリット≫

決算期末時点で在庫として残っている資産について処理をするだけなので、会社から金銭を支出することなく税金を少なくすることができます。そのため節税効果を実感できると思われます。

≪デメリット≫

強いて言えば、在庫を確認し、使用していないものを確認する事務的な労力を要することとなります。

≪適用にあたって≫

多少の事務的な労力を要するとしても、金銭の支出を伴わない節税は資金的にも会社にとってプラスになりますので、積極的に適用を検討したい制度です。

在庫資産の価額は一般的には金額的にあまり多額なものではないので、節税できる金額も少額になります。