一人単価5,000円以下の飲食代 - 会社設立に必要な助成金・創業融資・登記のことは起業おまかせドットコム

株式会社設立に関する総額199,800円(報酬額2,900円含む)

創業融資・助成金の相談も可

会社設立サービスはこちら

一人単価5,000円以下の飲食代

まず前提として、会社を設立すると交際費が会社の経費に計上できます。しかし、交際費のうち資本金1億円以下の会社については年間600万円までの金額の10%は税務上の経費として認められません。また、年間600万円を超える部分についてはすべて税務上の経費には認められません。

なお、資本金1億円を超える法人については、交際費の全額が税務上の経費として認められません。

しかし、一人単価5,000円以下の飲食代については税務上交際費とはならず、その他の費用として経費に算入することが認められています。

ただし、次の注意が必要です。

  • ・社外の人を相手方とすること(社内飲食は認められません。)
  • ・飲食費等であること(贈答費用、ゴルフ代等は認められません。)
  • ・一人当たりの金額が5,000円以下であること
  • ・次の事項を証明する書類の保管(領収書への記載でも可能。)
    1. 飲食等のあった年月日
    2. 飲食等に参加した得意先・仕入先等外部の者の氏名・名称、その関係
    3. 飲食等に参加した者の人数
    4. 支出金額、飲食先の名称及び所在地
    5. その他参考事項

地道な書類の整理、保管が確実に節税につながるのです。